ハーバルラビットを陰部(iライン)に使うのは危険?

ハーバルラビットを陰部(iライン)に使うのは危険?

 

「え!?ハーバルラビットってデリケートゾーンに使えるクリームなんじゃないの!?」

 

たぶん、タイトルを見てあなたもこう考えたんじゃないかと思います。
どうしてなのか、簡単に説明しますね。

ハーバルラビットはiラインの小陰唇にはNG!

ハーバルラビットが使えない場所というのは…iラインの小陰唇のことです!

 

ちょっと恥ずかしい言い方ですが、びらびらしている部分がNG!ということになります。

 

小陰唇は粘膜部分で、デリケートゾーンの中でも非常に気を付けないといけない部分です。
キズがついたりばい菌が入りやすい部分でもあります。

 

ハーバルラビットに限らず、化粧品も医薬部外品も、ましてや医薬品でもNGです!

 

小陰唇の黒ずみは下着や洗うときなどの摩擦が原因ということもあるので、刺激を与えないことが大事ですよ!

 

逆に、ハーバルラビットはデリケートゾーンのどんなところに使っていいかというと

 

■iライン…小陰唇の周り
■vライン…下腹部全体
■oライン…お尻の周り

 

この3点に使うことができます!

 

水着や下着のときにvラインからはみ出て見える黒ずみや、お風呂ではoラインやIラインの黒ずみってけっこう目立ちますよね?

 

そういったほかの方の視線が集まりやすい部分にこそハーバルラビットは使えますよ!